新横浜から新大阪まで ぷらっとこだま利用ガイド

JR東海ツアーズのぷらっとこだま 新横浜から新大阪までの利用ガイド

この記事では新横浜から新大阪まで、JR東海ツアーズが販売する新幹線格安チケットの「ぷらっとこだま」を利用して実際に移動した体験記になります。

  • ぷらっとこだまの利用方法
  • ぷらっとこだまの新横浜でのチケット受け取り方法を写真付きで解説

新横浜駅でぷらっとこだまのチケットの受取をする人や、ぷらっとこだまの利用を考えている人におすすめの記事です。

実際に僕がぷらっとこだまで新幹線チケットを購入して、新横浜から新大阪まで、乗車しました。

新横浜から新大阪までの新幹線料金について

新横浜駅から新大阪駅までの新幹線の運賃ですが

  • 普通自由席 のぞみ 13,540円
  • 普通指定席【通常期】のぞみ 14,390円
  • 普通指定席 ひかり・こだま 14,070円

到着が早い順にのぞみ、ひかり、こだまとなります。

新横浜から新大阪まで早く行きたい場合はのぞみを選べば約2時間20分ほどで移動できます。
※乗車するのぞみ号によって多少の差がありますので平均でこのくらいの所要時間です。

1番遅いこだまは、新横浜から新大阪まで約3時間40分です。

移動時間がのぞみに比べて、多くかかる「こだま」に安く乗ることができるのが、ぷらっとこだまです。

ぷらっとこだまのポイント

  • 通常の新幹線に比べて価格が安い
  • ネットから予約が完了。QRコードでチケットを発券できてスムーズ
  • 320円までのドリンクがキオスクでもらえる

通常の新幹線料金と比べて安い

新横浜から新大阪まで、新幹線で移動するには通常のぞみ号の利用で14,390円かかります、それが前日までの予約をすることで、10,600円と安く乗車できるのがぷらっとこだまです。

  • 前日までに予約をすることで、普通指定席ののぞみより3,790円安くなります。

ネットで予約が完了。発券もスムーズ

JR東海のサイトで予約をして、当日に新幹線に乗車する前に新幹線チケットを受取ることができます。

非常にスムーズに受け取りができます。
※受け取りの詳しい方法については、後述いたします。

320円までのドリンクが貰えます

1ドリンクの引換券がついています。

これは新横浜のキヨスクで320円以下のドリンクと交換が可能。
ぷらっとこだまのチケットを持っている人だけの特典になります。

ぷらっとこだま利用に必要な物

  • スマートフォン
  • クレジットカード

スマートフォンがない場合は、パソコンとプリンターが必要です。
新横浜駅で新幹線チケットを受取る時にQRコードが必要なので、そのQRコードを印刷しておく必要があります。

基本的に、スマホとクレジットカードだけあれば予約から新幹線チケットを受取りまで完了します。

予約メールの受け取りや、QRコードを表示させて新幹線チケットを受取るなど、スマートフォンがあった方が遥かに便利です。

ぷらっとこだまの予約方法

JR東海ツアーズのサイトにアクセスする

JR東海ツアーズのサイト内でぷらっとこだまを選択

プラッとこだまを選択します

翌日以降の利用日、乗車区間、出発時間をきめます

選べる乗車日は翌日以降です。それから乗車区間と時刻を決めましょう。変更は基本できませんので、ご注意ください。

座席を選び、クレジットカードで支払いをする

座席は横に5列並びになっています。ABCとDEで3人並び席と2人並び席。それぞれAとEは窓際です。

窓際から埋まっていく傾向が強いです。座席の場所の指定はできますが、列の指定はできません。
最終的にクレジットカードで支払う時には何列なのかは分かります。

ぷらっとこだまを予約する時のポイント

ぷらっとこだまは指定された新幹線以外には、自由席を含めて一切乗車することができません。

指定した乗車日、区間、列車、座席に限り有効なのが、ぷらっとこだまです。
予約する際は慎重に予約しましょう。僕はホテルを決めてから、1番最後にぷらっとこだまを予約しました。

途中下車はできません。途中下車をすると、その場所までの運賃が別途請求されます。

新幹線のこだまの座席に余裕がある限り、出発の前日まで新幹線チケットは販売されます。
ぷらっとこだまを7日前に予約しても、1日前に予約しても新幹線チケット代金は変わりません。

最初にぷらっとこだまを予約するのではなくて、旅行の日程を決めてからぷらっとこだまを予約することをおすすめします。ただし、新幹線チケットとホテルを予約する場合は合わせて予約した方が経験上、総額は安くなります。

僕はいつも、新幹線とホテルの予約の場合はじゃらんパックを利用します。

じゃらんパック JR新幹線+ホテル

ぷらっとこだまの混雑状況

新横浜から新大阪までの利用には多くの人がのぞみを利用します。

のぞみの方が停車駅が少なく、乗車時間も短いからです。会社員の出張の場合はのぞみを利用するでしょう。

その点、こだまは停車駅が多いです。新大阪まで行かないで途中の駅まで行く人が利用します。新大阪まで乗車する人は少ないです。

余程の繁忙期でない限り、新横浜から新大阪までのぷらっとこだまは予約できると思います。ただ、午前中に新横浜を出発する新幹線はやはり混雑しています。

新横浜駅でのぷらっとこだまの新幹線チケットの受け取り場所

新横浜でのぷらっとこだまのチケットの受け取り場所については、下記の図の通りですが、地図だけですと分かりにくいので、実際の写真を使ってご案内いたします。

新横浜のぷらっとこだまのチケット受け取り場所

JR東海ツアーズのHPより引用

受取専用機での受取がスムーズです

新横浜駅で、ぷらっとこだまのチケット受け取り場所は全部で5か所あります。

ぷらっとこだまのチケット受取専用機と、指定席券売機のどちらかで受け取りができます。

ただ、指定席券売機はぷらっとこだまのチケット受け取り以外のお客さんも利用するので混雑している場合があります。

なので受取専用機での受け取りをおすすめします。

写真あり 新横浜駅でのぷらっとこだま受取専用機の場所の詳細

  • 新横浜駅 新幹線改札東口   横 2台
  • 新横浜駅 JR東海切符売り場 横 3台
  • 新横浜駅 新幹線改札西口   横 3台

ぷらっとこだまのチケット受取専用機の場所はこの3か所になります。合計すると8台の受取専用機が設置してあります。

画面のふちが青くなっている小型の機械がチケットの受取専用機です。

ぷらっとこだまの受取専用機

新横浜駅 新幹線改札東口 横

1つ目の場所は新横浜駅の新幹線改札東口の横にある受取専用機です。

新横浜駅まで市営地下鉄ブルーラインで来た場合は、長いエスカレーターを登ってきた左側の改札になります。

ぷらっとこだま受取専用機の場所、新横浜駅 新幹線改札東口 横

新横浜駅 JR東海切符売り場 横 

2つ目の場所はJR切符売り場の横にある受取専用機です。

切符売り場の入り口の右側に設置してあります。写真からも分かりますが、窓口は混雑していますが受取専用機は空いています。

ぷらっとこだま受取専用機の場所、新横浜駅 JR東海きっぷ売り場 横

新横浜駅 新幹線改札西口 横 

3つ目は新横浜駅の新幹線改札西口の横にある受取専用機です。

この受取専用機はJR線を利用して新横浜駅にアクセスした時に利用しやすい位置にあります。
JR改札内ではぷらっとこだまのチケットの受け取りはできませんので、1度改札の外に出る必要があります。

ぷらっとこだま受取専用機の場所、新横浜駅 新幹線改札西口 横

便利なぷらっとこだまのチケットの受取専用機は新幹線改札東口

ぷらっとこだまのチケットの受取専用機は合計8台設置してありますが、1番使用するのに便利なのは新幹線改札の東口の横にある受取専用機です。

市営地下鉄ブルーラインから上がって来て、1番最初に視界に入るのはJR東海の切符売り場横の受取専用機です。3台並んでいることもあって目立ちます。

1番最初に目につくので、混雑する傾向があります。

なのでこの受取専用機で発行はせずに、すぐ横の新幹線改札東口の横にある受取専用機を利用しましょう。
2台しかありませんが、受取専用機を利用した受け取りはスムーズにやれば1分もかかりません。

ぷらっとこだま受取専用機の操作方法

ここでは実際に受取専用機を利用したぷらっとこだまのチケットの受け取り方法を解説いたいします。

チケットの受け取り前に事前に下記の物を用意するとスムーズに受け取りが可能です。

  • JR東海ツアーズで予約して発行されたQRコード
  • QRコードの画面に表示される6桁の確認コード

QRコードをスマホで表示するには、JR東海ツアーズのサイトに1度アクセスしておかないといけません。
その場で操作しても良いのですが、JR東海ツアーズのサイトまでアクセスして表示するのに少し時間がかかります。

ぷらっとこだまのチケット受取専用機の前でスムーズに受け取るためにも、QRコードが表示された画面のスクリーンショットを撮っておくことをおすすめします。

ぷらっとこだまのチケット発見用のQRコードを用意して、受取専用機に行く

事前にぷらっとこだまのチケット受け取り用のQRコードを用意しておきましょう。用意することで非常にスムーズに受け取りができます。

ぷらっとこだまの受取専用機操作方法
受取専用機の右下の「JR東海ツアーズ 乗車券受取」のボタンを押す

券売機のトップの画面の右下にボタンがあります。そのボタンを押しましょう。

ぷらっとこだまの受取専用機操作方法
受取専用機のQRコードという場所にQRコードをかざしましょう。
ぷらっとこだまの受取専用機操作方法

万が一、QRコードが読み込みできなくても。QRコードの下に受取コードが表示されていますので、「受取コードを手入力」ボタンを押して、コードを入力しましょう。

6桁の確認コードを入力します

最後に6桁の確認コードを手入力で入力します。この確認コードもQRコードが表示されている画面の下に表示されています。

ぷらっとこだまの受取専用機操作方法
最終確認を行い、発券をしましょう

確認コードを入力すると、最終確認画面が表示されます。
ここで乗車日、発時刻、乗車駅、降車駅、列車名、号車、席番が確認できます。

内容に間違いなければ、発券ボタンを押して完了です。

ぷらっとこだまの受取専用機操作方法
ぷらっとこだまの乗車券とドリンク交換券の2枚が発券されます。

発券されるのは2枚です。忘れずに2枚とも受取ましょう。
1枚はぷらっとこだまの乗車券。もう1枚はぷらっとこだまの特典のドリンク交換券です。

ぷらっとこだまチケットとぷらっとこだまのドリンク引換券

ぷらっとこだまのチケットの領収書はJR東海ツアーズからのメール「ご予約完了のご案内」に張り付けてあるリンク「領収書データ表示サービス」を利用して発行ができます。

受取専用機からは発行されませんのでご注意ください。


ぷらっとこだまのチケットの受取専用機での受取までは1分ほど

新横浜駅でぷらっとこだまのチケットを受取専用機で受け取る場合の所要時間ですが、QRコードを事前に用意しておけば1分ほどで発券することができます。

仮に受取専用機が混んでいても、すぐに順番は回ってきます。

余裕を持って考えても、受取専用機の操作で3分、ドリンクの受取をするのに3分、トイレに行くのに3分。
10分ほど前に新横浜駅に到着すれば間に合います。

新横浜駅は新幹線改札の中に入ってしまえば待合室があります。改札外に座って待つようなスペースはほぼありませんのでご注意ください。

発券後はぷらっとeプラン乗車票で新幹線改札内に入れます

受取専用機で発券された、「ぷらっとeプラン乗車票」で自動改札を抜けて新幹線改札内に入れます。

受取専用機で発見されたもう1枚の「ぷらっとeプランご利用案内 兼 ドリンク引換券」は新幹線改札内で使います。

まとめ

  • ぷらっとこだまを利用することで、新横浜から新大阪までの新幹線料金が安くなる ※約3800円
  • ネットから予約が完了する。チケットの受け取りも簡単です。
  • 320円のドリンク引換券がついてくる。

移動時間は長くなってしまいますが、ぷらっとこだまを利用することで新横浜から新大阪まで安く新幹線で移動することができます。

新横浜駅でのぷらっとこだまのチケットの受取も、この記事をご覧頂ければスムーズにできますので、是非参考にして頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です