悪いことは言いません。格安レンタカーはやめたほうが良いですよって話。

こんにちは。のくま(@NOKUMA_225)です。

ゆるキャライベントを見に行った時や
普段の旅行の時にもよくレンタカーを借ります。

レンタカー屋ってたくさんありますよね。
大手の車メーカーが運営するレンタカー屋から
格安レンタカーと呼ばれるレンタカー屋まで。

初めてレンタカー借りる時はどこにするべきか悩みますよね?
2回目以降でもどこがいいのか迷うと思います。
格安レンタカーは確かに安いけど不安もありますよね。

値段に惹かれて格安レンタカーを僕も利用したことがあります。
その経験を元に格安レンタカーはやめた方がいい理由をお伝えします。

格安レンタカーはどうなのか?

格安レンタカー会社はたくさんあります。
大手だとニコニコレンタカーという格安レンタカー屋さんがあります。
その他にも地域密着型の格安レンタカー屋があります。

なにより気になるのが値段だと思います。

値段は大手レンタカーより安いです。
他の大手レンタカー屋と比べても安いでしょう。
これだけは間違いありません。

レンタカー料金は間違いなく安いですが、大手レンタカー屋では無料のオプションを
格安レンタカー屋で付けると有料になる場合が多いです。
結果的にオプション料金を考えると大手レンタカー屋との価格差は大きくはありません。
「格安レンタカー」で検索すると色々なレンタカー屋がでてきます。
結論から言います。
やめておきましょう。

格安レンタカー屋。カーナビはオプションです。

格安レンタカーは安いんですが、あくまでも基本料金が安いと考えてください。
ほとんどの格安レンタカーの会社がカーナビはオプション扱いになります。
レンタカーを借りる方の多くは普段は車に乗らない方ですよね。
僕のように旅行先でレンタカーを借りたりした時にカーナビが無いなんて考えられません。
ですからカーナビはもう必須といってよいオプションです。
その必須オプションが格安レンタカー屋では有料です。

だいたい基本料金に対して+1000円とかです。

格安レンタカーのカーナビは粗悪品が多い

オプション料金を払ってカーナビを付けて貰うんですが
普段付いてない車両にカーナビを付けるので、当然ポータブルナビで取り外しができるカーナビが取り付けられます。
このポータブルナビですがピンからキリまであります。
パナソニックなど有名家電メーカーが作っている操作も分かりやすい商品から
1万円以下で操作性も悪く、見にくいポータブルナビもあります。
残念ながら格安レンタカーで取り付けられるカーナビはゴミみたいなカーナビです。
操作性もよくない、使いにくいカーナビが付いていることが多いです。
僕もオリックスレンタカーを利用する前に何度か格安レンタカーを
利用した時にもやはり粗悪品のポータブルナビでした。
案内のタイミングが悪いし、操作しにくいし、見にくい。
オプション料金をわざわざ払ったことを後悔するくらい粗悪品カーナビでした。

格安レンタカーが安い本当の理由

格安レンタカーが安い理由。
格安レンタカーの車両は古い中古車です。
格安レンタカー屋の車両のデメリット
  • 年式が古い中古車
  • 10万キロ以上走行している車の場合もある
  • 車両に傷が多い
  • 車内が汚れている
  • 車内の装備が古い

思いつく限りではこんなところです。
そんなのないだろうと思うでしょうが、実際に僕は格安レンタカーではこんな車しかなかったです。

傷が多いのはリスクでしかない

格安レンタカーでレンタルされる車両は傷だらけの中古車です。
10万キロ以上走行している車両も多いです。
年式も古い車が多いです。
そうすると必然的に傷も多くなります。
格安レンタカーでも傷のチェックはある
格安レンタカーと言えども傷の立ち合いチェックは必ずあります。
そんな時に傷を表すチェックシートにチェックが沢山入っていて
一つづつ確認して行くと考えると嫌になりませんか?
貸し出し前に傷をしっかりチェックしていなければ
返却時には「この傷は無かった」と言われる可能性がありますよ。
傷が多すぎるとそういうリスクが増えます。
実際僕が利用した格安レンタカー屋は
貸し出し時はパッと流れ作業で貸し出して
戻って来て傷のチェックをする時は
3倍は時間かけて見ていました。
正直こんな対応をされると誠実さは伝わりませんし
不信感しか生まれませんよね。

本当に車両整備されてるんでしょうか問題

格安レンタカーでも大手の格安レンタカーであれば
車両整備はしっかりされていると思います。
思いたいです。
格安レンタカー屋でよくあるのが、プレハブのような事務所や間借りの事務所です。
ガソリンスタンド併設とかならまだ安心感があるんですが、
一切車両整備している気配がないレンタカー屋もあります。
安心感がゼロなんです。

古い車は壊れるかもしれない

古い車だと、突然なにが起こるか分かりません。
自走困難になるかもしれません。
格安レンタカーの古い中古車であればその可能性は圧倒的に高くなります。
自走困難になった状況にもよりますが
一般的に自走できなくなってしまうと
レンタカー屋に対して保証金を支払う義務が発生します。
せっかく基本料金を安く済ませても
保証金で高額の支払いが発生するかもしれません。

ガソリンを入れる場所を指定される

「ここで必ずガソリンを入れてきてください」

そんなこと格安レンタカーのホームページでは案内されていません。
しかし実際に結構あります。ガソリンスタンドを指定されることが。

そういわれると、帰りの時間が迫っているのにわざわざそこに行かないと行けません。
探さないといけません。
入りにくい場所にあるガソリンスタンドかもしれません。

そういう小さなことが結構ストレスになる場合があります。

定員さんの対応が不安

もちろん良い定員さんもいます。
でも格安レンタカーの定員さんはあまり態度がよくない方もいるのは事実です。
格安レンタカーでよくあるのは兼業で営業しているお店です。
ガソリンスタンドが多いですが
僕は昔、整骨院で営業している格安レンタカー屋で借りたこともあります。
副業的な感じで営業しているので
どうしてもサービス対応が良くない部分があるんです。
説明が雑だったり、傷のチェックがあいまいだったり。
営業時間に開店していなかったり。

個人情報の扱いが不安

格安レンタカーでも地元密着の会社ありますよね。
ホームページはあるけど、運営会社がよく分からない
責任者がいったい誰なのか分からない。
レンタカー借りる時には大手でも格安レンタカーでも
免許書の提示は絶対に必要です。
個人情報を提示するんですよね。
大切な個人情報を。
ましてや免許書のコピーをよく分からない会社に
伝えるのって不安じゃないですか?
ちゃんと管理されているのか分からないし
個人情報保護についての説明もない。
僕の利用した地域密着の格安レンタカーは閉店しました。
格安レンタカーって閉店するんですよ。
そうすると個人情報はどこに行ったのかって不安になりました。

駐車場が危険

格安レンタカー屋は駅近くではない場合も多いです。

住宅地にあったり、商店街の外れにあったり。

とくに危険なのが、無理やりそこにレンタカー屋を作ったので入口が狭かったりする場合があるんです。

僕が過去一番最悪だった立地は「入口が狭く曲がっていて、両側にはブロック塀が積んである場所」でした。
まぁその格安レンタカー屋はつぶれました。当然ですね。

まとめ

どんなにボロボロの車でリスクが満載でも良いという場合は格安レンタカーで良いと思いますが
そんな事態は避けたいのであれば、大手のレンタカー屋をおすすめします。
大手のレンタカー屋でも最近はキャンペーンが多く開催されており、
事前の予約であればキャンペーン料金で格安レンタカー屋に負けないくらいの価格の場合もあります。
大手レンタカー屋であれば
  • 全体的に安心感がある。
  • 格安レンタカー屋と違い嫌な気持ちにならない。
  • 古い中古車は絶対にない
悪いことは言いません、格安レンタカー屋で借りるのはやめておきましょう。