現役でイオングループで働く僕が教えます。「イオン従業員割引・従業員イオンカード・従業員感謝デーについて」

イオン従業員割引と従業員イオンカード

こんにちは、のくまです【@JSDI_B

この記事ではイオングループの従業員割引について、イオングループで働く僕が書かせて頂きます。

  • イオングループの従業員割引について分かります
  • 従業員イオンカードの作り方を紹介しています
  • 従業員イオンカードを使うより得する方法も紹介しています。

イオングループの従業員割引について知りたい方にはおすすめの記事です。

イオングループの従業員割引を受けるためには

イオングループの従業員割引を受けるためには、イオングループで働かないと行けません。

これは絶対です。

ただし、従業員イオンカードを持っている人の家族は、従業員イオンカードの家族カードが作れます。
その従業員イオンカードの家族カードでも同等の従業員割引を受けることができます。

  • イオングループ従業員割引を受けるには、イオングループ働く必要がある。
  • イオングループで働いている家族がいれば、家族カードを作って貰うことで同等の割引を受けることができます。

従業員イオンカードに搭載されている機能

  • イオンカードの従業員割引が自動的に適用されるクレジットカード機能
  • 電子マネーWAON機能
  • WAON POINT機能
  • イオン銀行のキャッシュカードの機能
  • 社員証の機能

イオンの従業員イオンカードには裏面に
■表記の者は当社の従業員であることを証明する。の一文が入ります。

従業員イオンカード

ある時期から従業員イオンカードは全てイオンゴールドカードになっています。

イオンゴールドカードですが、イオンラウンジに入ることはできません。

従業員割引は従業員イオンカードで支払う必要がある

イオングループの従業員割引を受けるには、従業員イオンカードで支払いを行わないと行けません。

カードの提示だけで、現金払いをしても割引はされませんし、
イオンカードに付随する電子マネーのWAONでの支払いも対象外です。

従業員イオンカードでのクレジット支払いのみが対象です。

その場での割引はされません

よく勘違いされますが、レジでの精算時の割引は一切されません。
クレジットカードの請求時に割引が適用されて、従業員割引がかかります。



従業員イオンカードの割引適用画面

僕のイオンカードの明細書ですが、従業員割引が適応されて請求額が減額されています。

「従業員です」と名乗る必要はありません

従業員イオンカードのデータを元に従業員割引がされますので、対象のイオングループのお店でわざわざ
「従業員です」と説明して割引して貰う必要はありません。

ただ会計時に従業員イオンカードで支払いをすれば、従業員割引が適応されます。

従業員イオンカードを作る方法

  1. イオングループに入社する。
    正社員でも契約社員でもアルバイトでも、雇用形態は関係なく作成できます。
  2. 入社後、人事の人に確認してクレジットカード申込書を貰います。
  3. 従業員クレジットカードが自宅に郵送されてきます。

審査自体はイオンクレジットサービスが行います。審査が行われるので働く契約時間が著しく短い場合時などは、発行されない可能性もありますが、通常はイオングループ社員であれば発行されます。


従業員イオンカードはWEB申し込みするか、紙の申込書で申し込みをします。
運転免許証やマイナンバーカードを持っている場合はWEB申し込みが可能ですが、ない場合は紙での申し込みとなります。

WEB申し込みには専用の「ID」と「パスワード」が必要です。
どちらも店舗ごとに設定されている物なので、働いているお店での確認が必要です。

従業員イオンカードはイオングループから退職すると、通常のイオンカードになります。
もちろん、従業員割引の対象からは除外になります。

従業員イオンカードの割引率

従業員イオンカードの割引率ですが、通常はお客様感謝デーと同等の割引率です。

従業員だからといって、大きく割引されるわけではありません。



大きく3つの部門に分かれていまして、対象の部門によって割引率は変化します。

  1. 衣料品
  2. 日用品
  3. 食品

一般的に衣料品などは原価が安いので、割引率も高くなります。
次に割引率が高いのが日用品。そして割引率が一番低いのが食料品になります。

この割引率は働いているイオングループの店舗で多少変わりますので、詳細な割引率を確認するには
会社の人事担当に確認する必要があります。

また不定期ですが、従業員感謝デーというのがあり、その期間は割引率が大幅に引き上げられます。
これは本当に信じられないくらいお得な割引率になります。

従業員感謝デー

時期は不定期ですが、1年に2回ほど従業員感謝デーという物があります。

これは特定の日だけ従業員イオンカードの割引率が大幅にアップして、非常にお得に買い物が出来る日です。

イオングループで売っている物がほとんど割引されます。通常割引されることのないゲーム機本体なども、ありえない割引率で購入できます。

この従業員感謝デーはもちろん従業員しか購入できませんし、従業員カードを持っていない従業員は割引率が下がります。

まとめ 従業員イオンカードは得なのか

通常の割引率はお客様感謝デーと同等程度です。

まずは食料品ですが、正直に言って割引になっても別に安くありません。
元々の売価がイオンは高いので、近隣にスーパーのオーケーがあれば
そちらに行って買い物した方が遥かにお得です。

そして、日用品ですが、日用品もお得ではありません。

日用品などは元々、店頭で購入することのメリットはほとんどありませんし、
日用品をイオンで購入しているのは損しています。

ネット通販のお得な情報

正直、従業員割引がかかっても、常にお得に買い物ができるわけではありません。

ただし、年に数回ある従業員感謝デーの時の割引率はすごいので購入する価値があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です