【貰えるポイントが2倍】得するWAONチャージ方法

こんにちは、のくまです【@JSDI_B

今回はイオングループで働いている僕が、得するWAONチャージについて解説します。

この記事では以下の内容を解説いたします。

  • WAONチャージで1番お得な方法
  • こんなWAONの使い方は非常に損する実例
  • WAONオートチャージの詳細について

イオンカードのオートチャージとは?

お買い物の時に、支払った後のWAONの残高が設定した金額未満になると自動的にWAONがチャージされる仕組みです。利用する為には「オートチャージ申請」が必要です。

WAONオートチャージに対応しているイオンカードであれば、WAONオートチャージを設定することができます。

イオンカードで支払いをしていると損をしている

イオングループでよく買い物をして、イオンカードを持っていてイオンカードで支払いをしている人は多いと思います。

残念ながら、この支払い方法は貰えるポイント数が少なくて損をしています。

毎月30,000円の買い物で1年間に360,000円をイオンカードで支払った場合、貰えるポイントは3,600円分です。

これを全てイオンカードのWAONオートチャージに切り替えると貰えるポイントが倍になり7,200円分になります。

イオンカードの支払いは200円で2ときめきポイント【2円相当】が付与されます。

電子マネーのWAONの支払いは200円で2WAON【2円相当】が付与されます。

WAONのオートチャージを設定することで、イオンカードのWAONのオートチャージ時にポイントが貰えて、さらにイオングループのお店でWAOMを使うたびにポイントが貰えます。

WAONオートチャージで支払いを行うのが1番お得

イオングループで頻繁に買い物するのであれば、1番お得な方法は

イオンカードでWAONオートチャージを設定してそのWAONで支払いを行うこと

この支払いこそが1番お得です。

【随時更新】イオンカード発行申し込みで1番お得なポイントサイトを紹介

WAONオートチャージの種類

  • イオンカードからのクレジットチャージ
  • イオン銀行口座からのオートチャージ

基本的にはこの2つの方法でWAONのオートチャージを行うことができます。

イオンカードからのクレジットチャージ

  • イオンカードWAON一体型
  • GGイオンカード
  • イオンJMBカード

あとはイオンカードを持っている人が発行できるWAONカードプラスというWAONに対してもWAONオートチャージは設定できます。

イオンカードからのオートチャージは1日に何度も可能でチャージ回数制限はありません。

WAONカードプラスはおすすめしません

イオンカードを持っている人のみが発行できるWAONカードプラスはおすすめしません。

なぜならクレジットカードでない為、忘れ物としてレジに残っていることが多いのがWAONカードです。
どうしてもクレジットカードより危機管理が甘くなる傾向があります。

イオンカードからオートチャージ設定しているWAONカードプラスが悪意のある第三者に拾われた場合、高額買い物をされます。

イオン銀行口座からの口座オートチャージ

  • イオンカードセレクト
  • GGイオンカードセレクト
  • イオンバンクカード

イオン銀行からの普通預金の口座からオートチャージされます。

1日に1回しかできません。

普通預金口座の残高がオートチャージされる金額未満の場合はオートチャージはされません。

WAONオートチャージの設定可能金額

WAONの上限がイオンカードによって違います。上限20,000円と上限50,000円が存在します。
イオンカードセレクトは全て上限は50,000円となっています。


上限20,000円のカードは1,000円から19,000円の範囲で設定できます。

WAON残高とオートチャージされる金額の合計が20,000円を超える設定は不可です。


上限50,000円のカードは1,000円から49,000円の範囲で設定できます。

WAON残高とオートチャージされる金額の合計が49,000円を超える設定は不可です。

WAONオートチャージの設定方法

イオンカードのWAONオートチャージの申し込みはWAONステーションかイオン銀行ATMから行えます。

WAOMステーション設置場所リスト

イオン銀行ATM設置場所リスト

条件さえクリアすれば自宅からの設定も可能です

「電子マネーWAON会員(所有者情報登録)」に登録とICカードリーダライタがあれば自宅のパソコンからも行えます。


WAONネットステーション

電子マネーWAONの損する使い方

イオングループで働く僕が頻繁にみる、非常に損をしているWAOMの使い方を紹介します。

イオンカードではない通常のWAONを使用している

イオンカードと連動していないノーマルのWAONを使っている人はかなり多いです。

たしかにこのWAONでも200円で2WAONポイントはもらえます。

でもイオンカード搭載型であれば倍のポイントが付与されます。しかもこのノーマルWAONはカードの発行手数料が300円かかります。30,000円分の買い物をしてやっとカード発行手数料の元が取れます。

イオンカード搭載型であれば、倍のポイントが貰えて、さらに発行手数料は無料です。

ノーマルWAONは損です。

現金でチャージしている

お買い物の度に1000円ごとチャージする人がいます。イオンカード搭載型のWAONを使っているのにです。

WAONステーションやイオン銀行ATM、対応していれば店舗のレジで現金からチャージすることは可能です。

しかし現金チャージはそれだけで時間がかかります。

現金で1,000円チャージするだけで10円分のポイントを損します。
それが10,000円だと100円で分の損です。

手間もかかるし、付与されるポイントも少なくなりますので、損しています。

まとめ

イオンカードでWAONオートチャージを設定してそのWAONで支払いを行うことが1番お得です。

まだイオンカードのWAONオートチャージ申請を行っていない場合は申請をしてオートチャージができるようにしましょう。

通常のWAONカードの支払いも、貰えるポイントの半分しか貰えていないので損しています。
イオンカードに切り替えて、イオンカードのWAONオートチャージを利用するのがポイント還元率も高くなりお得です。

【随時更新】イオンカード発行申し込みで1番お得なポイントサイトを紹介


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です