熊に遭遇しないようにするべき2つのこと

こんばんわ。

のくま(@jisedai_bears)です。

名前の中に[熊]入れましたし、

次世代ベアーズってサイト名ですし

僕は熊が大好きです。

熊って怖いですよね。

遭遇なんてしたくないですよね。

という訳で熊に出会ったらどうするべきか

都市部に在住してる熊マニアの僕が考えます。

 

最初に結論言いますが

熊に逢わないように対策する

それが一番、安全で確実な方法です。

一般常識的な熊対策

  • 死んだふり
  • 鈴やラジオをつけてれば逃げる

死んだふりだけはやめましょう。死んだふりなのに実際に死んじゃう可能性があります。

死んだふりをしてる時に

熊が近くまできて匂いを嗅がれたり

足で引っかかれたりしたら

絶対に声だすし、動いちゃいますよ

そしたら絶体絶命のピンチになります。

なので死んだふりは×

 

鈴やラジオで音を出して熊に自分の存在を知らせる。

これは、有効な時もありますし、ダメな時もあります。

熊の方が気がついて人間を避けてくれる効果を期待する動作ですね。

ツキノワグマは普通襲ってこない

熊は特別なことがなければ熊の方から人を襲うことはありません。

大きな音をたてたり

火を焚けば逃げるとされています。

ただ過去の熊の事件の記録を読むと

火を見ても恐れなかったり

大きな音にも怖がらなかったり

というい熊もいるんです。

イレギュラーな行動をする熊ってのは過去何頭もいました。

 

じゃあ なんで襲われるのか

熊は人を避ける動物です。

一般的に憶病な動物と言われています。

食肉類なんですけど他の動物を捕食することは少ないです。

だから人間を襲うのは食べる為ではないのがほとんど。

あくまでも遭遇して時に熊が自分の保護のための

防御的攻撃なんです。

人間に遭遇するとパニックになって

自分を守るために攻撃してくる。

 

熊に出会わないように対策するしかない

ある日 森のなか 熊さんに出会った

ってならないように

対策をするのが一番なんです。

宝くじの一等に当選する確率より

熊に山で遭遇する確率の方が高いですからね

いかに遭遇しないように対策をするか

それが最大の防御策です。

 

対策①山に入る前に最新の熊出没情報を確認する

人間は熊がいる所に入っていってるんです。

それを忘れてはいけない。

熊が住んでる所に人間がお邪魔してるんです。

市町村のHPとかでは熊出没情報を公開してます。

例えば秩父市のホームページ

地図上でどこに出没したか確認できます。

このように、前もって熊出没情報を確認しておく

それだけで遭遇する確率を低くすることができます。

対策②熊の気配に気を付ける

ラジオとか鈴とか持っていたとしても

襲われた例は過去に何件もあります。

過信しないことが大切です。

 

例えば熊出没情報がある場所では

大きな声を出して歩いたり

手を叩いて音を出したりして

熊に自分を気付かせる事は大切です。

風が強くて気が揺れる音が大きいとか

川が近くに流れていて大きい音が常にするとか

その場所の環境が

熊が人間に気が付きにくい環境の事があります。

そんな時は熊の気配に気を付けること。

あれ?なんか感じるなって時ありますよね

そういう感覚に敏感になって注意することが大切です。

 

熊に遭ってしまった時はこうする

熊を刺激しないように相対したまま

落ち着いて

ゆっくり後方に下がり

熊との距離を取る

そしてその場から遠ざかる

 

北米で推奨されてる方法だそうです。

熊は防御的攻撃をするから

刺激せずに離れるって事は重要ですよね

 

 

背中を向けて逃げることはダメ

背中を向けて逃げるって完全に人間の降伏ですよね

怖いから逃げる

もちろん気持ち分かります。

街のケンカで逃げるんならいいんですが

熊には通用しません。

背中を向けて逃げては行けない。

熊にとっては絶好のチャンスになります。

人間に正面から睨まれないですしね。

 

まとめ

まずは熊に出会わない為に対策をしましょう。

市町村の熊出没情報確認してから山に出かける。

熊の気配に注意して行動する。

この2つが大切です。

そして万が一、遭遇してしまったら

背中を向けずに後方にゆっくり下がり遠ざかる

熊に防御的攻撃をさせないように

刺激しないようにその場から遠ざかる事。