ランニング用マスク「ULTRUN MASK」で走ってみました

こんにちは、のくまです【@JSDI_B

クロスプラス株式会社から販売されている、ULTRUN MASK【ウルトランマスク】を実際にランナーの僕が走ってみたレビュー記事になります。

  • ランニング用のマスクを探している方
  • スポーツ時に着用するマスクを探している方

におすすめの記事です。

ULTRUN MASK【ウルトランマスク】のメーカーおすすめポイント

  • 鼻部分がメッシュで呼吸が楽
  • 口元はカバー。飛沫感染予防やエチケットにバッチリ
  • 裾は切りっぱなしで摩擦ストレスを軽減
  • UV対策
  • 耳部分はホール型でズレにくく、痛くなりにくい
  • ゆとりをもたせたデザイン
  • スリットが入り、楽に動ける

以上がメーカーがランナーと共同開発したULTRUN MASK【ウルトランマスク】のおすすめポイントです。

実際の使用感はどうなのか、ランナーの僕が80分ほど着用して走ってみました。

ULTRUN MASK【ウルトランマスク】を着用した感想

息苦しさについて

鼻の部分がメッシュになっています。そのおかげで息苦しさは皆無です。
メッシュ構造の為、呼吸がスムーズにできますし、鼻の部分は汗をかいても蒸れずに快適です。
口元は覆われている構造なのですが、生地はそんなに厚くないので口での呼吸も苦しくありません。

通気性が著しく悪いますくは、濡れた布で抑えられているように口に生地がへばりつきますが、このマスクにはそのような感じは一切ありません。

汗をかいてくるとどうなるか

10分も走ればうっすらと汗ばんできます。
80分間走った中で、鼻と口など呼吸に関する部分は蒸れずに快適でした。

しかし、首回りと耳の後ろ側は汗をかいて体温が上がってくると蒸れてきますし、汗でへばりついてきます。

ランニングフォームに影響がでるほどの不快感ではありませんが、鼻と口周りに比べてべたつきを感じます。

装着感について

耳の部分に穴が開いていて、耳に引っ掛ける構造のため、全くズレません。

80分間のランニングの間に一度もマスクの位置を直しませんでした。
不織布マスクなどは、走ることによってズレてきますが、このマスクにはそのようなズレが発生しません。

ULTRUN MASK【ウルトランマスク】は快適に走れる

  • 鼻の部分のメッシュの効果が高く、走っている間に息苦しさは感じません。ペースを上げて心拍数が上がっても、呼吸のしやすさには影響ありませんでした。
  • 口元は覆われていますが、通気性がある生地のため、息苦しさはありません。
  • 耳の部分の引っ掛ける穴が優秀。これによりズレが発生しません。
  • 首回りと耳の後ろは蒸れてきます。

全体的に快適に走ることができました。

現状、不織布マスクを装着して走っているならば、このマスクの呼吸のしやすさやズレにくさは非常に快適に感じるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です